旅と料理と日々のこと


by madame-ym2

<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 以前入院したと書きましたが、すっかり良くなり、その退院の日!
退院したその足で、一番好きなフレンチレストラン「レ・クレアシオン・ド・ナリサワ」へ行きました。(へへっ)

 成澤君はその少し前サンペリグリーノ社主宰の「世界50のレストラン」で20位に選ばれたのです!
2009年の受賞はこんなかんじ。
c0184374_20192323.jpg

 エル・ブリ、ブラス、ガルニエなど早々たる世界中で有名な三ツ星レストランに並んで堂々の20位です。
アジアでは1軒のみなんです!!

 楽しみにしていたんです!入院ごときでキャンセルするわけにはいかないのだ。
c0184374_20231662.jpg はつか大根
なんだけど・・・この土に見えるのは???美味しいんだけどなにかしら?塩味。乾燥させた味噌みたいな・・・







c0184374_20253798.jpgc0184374_20255531.jpg











小さい植木鉢。土から双葉が芽を出している・・・。えっ??
中をほじって見ればホイップした軽いバター。上の土は、二十日大根に付いていたものと同じ。
パンはフィニシアンフィニシエ。

c0184374_20293115.jpg 稚鮎のフライ

早川に入る前の稚鮎ですって。
周りは桜の花びらの砂糖漬けを乾燥させたもの。あー季節を感じますなぁ・・・(今はもう初夏ですが)
そういえば昔ヒロマーレで鰯を釣っていてとき、1匹だけ稚鮎が釣れたなぁ・・・その辺りで採れたものなんだね

c0184374_20335262.jpg 魚介のスープ

あんこう入り。









c0184374_2039879.jpg 白アスパラ

毎年この時期には必ず出る。フランス、ランド地方の路地物。オランデーズとサバイヨンの中間のソース。

 ソースもさることながら、ここの白アスパラのゆで方が絶品!一本一本味見して引き上げるとのこと。
 料理する人にはわかると思うのだが、白アスパラってゆでるのめちゃめちゃ難しい。ゆですぎるとぐじゅぐじゅになり缶詰のアスパラみたいになり、早いと堅くてえぐみが残るのだ。いつも丁度いいのはすごい!!(だってアスパラの太さも違うし・・・)

c0184374_20583251.jpg 春キャベツのエチュベ

春キャベツに塩をして鶏の出しをかけて蒸したもの。
 そのスープもいっしょにアサリのスープを足して、葛でとろみをつけた・・・とのこと
やーん美味しい!!ものすごく美味しい!!

 とこの辺りで???もしや???と思った。
全て胃に優しいものばかり・・・。で、聞いてみたら、私が入院していたと小耳に挟んでいて、病人食にしたとのこと。「だから周りの人とメニュー違うでしょ?」って。やさしーい!!(優しいって前から知っていたけど)料理に愛があるね!?素晴らしいレストランだ!!

c0184374_2110455.jpg 鹿肉

写真では一切見えないけど、このきのこ類と泡の下に丁度いい具合に焼けた鹿肉が・・・。ソースはちょっと赤味噌が隠し味で入っているようなかんじ。ナッツのみじんが鹿肉とマッチしてGOOD





c0184374_21125129.jpg 子羊のロースト

 肉好きの私とH氏のためにもう一品肉が・・・さすがにお腹いっぱい(病みあがりだし・・・)
でも絶品の焼き方。お腹いっぱいでも美味しいと感じられるのがすごい。




c0184374_211636100.jpgc0184374_2116526.jpg















デザートの前 抹茶のムース      水牛のリコッタチーズといちご&皇居のユリの蜂蜜
 この水牛のチーズは、ヒロソフィーでも出ていた特別のモツアレラのリコッタ版。同じ人が作っている。(九州)
おいしー!!またいちごもものすごく熟れている。



 もしかして脂系大好きH氏には不満だったかもしれないが、私とI氏は大満足!とくにキャベツは!!!
今度ぜひ試してみよう!!(無理無理?)



レ・クレアシオン・ド・ナリサワ
〒107-0061 東京都港区南青山2-6-15
Tel:03-5785-0799

 基本的に、日曜日、第3月曜日が休み。予約のみ
[PR]
by madame-ym2 | 2009-06-12 20:20 | フレンチ